只今、新規の方の施術は受け付けていません。

施術前は こちらで、 お待ちください


施術前、こちらでお待ちいただき、リラックスした状態で、体験してください。

案内ボードです。時々の情報をお知らせします。


消毒液です、ご利用ください。

健康に関する情報本です。


健康に関する本です。

お時間があればご覧ください。


無痛の整体療法で、自然治癒力を最大限に働かせます。

こんの整体術について

1.背骨のゆがみを取ることで、症状が改善されます。

(自然治癒力がしっかりと働ける背骨の環境を整えます。)


2.とてもソフトな療法なので、どなたでも安心です。

(強い刺激は筋肉や周りの組織を傷めてしまうことがあります。)

 

3.施術時間は40分前後です。

(その日の体調や施術内容により、多少変化します。)

 

4.自然治癒力が働くことにより、元気になります。

(気持ちが前向きになり、行動がスムーズになります。)

 

5.周りの人にもハッピーを与えられるようになります。

 

 

 

   

只今、さらなるレベルアップの為に、新規の方の施術はご紹介の方のみとさせていただいております。

 

 

 

コラム1

皆さん毎年、健康診断を受けていると思います。

健康診断? これっておかしくないですか?

本来なら、病気診断でしょう?
病気がないかを見つける診断ですよね。

確かに、病気がないかを見つけるにはいいかも知れません。

でも、数値が平均値より、多少ずれていても本来は心配ないですよ。

人それぞれ、顔が、体格が違うように、多少の違いは問題ないです。

血圧について考えて見て見ましょう?

血圧が平均値より高いと、お医者さんは、降圧剤で下げましょう?

薬が処方されます。

薬で血圧を下げて、数値が平均値になったら、これでいいのでしょうか?

なぜ、血圧が上がるのか、根本的な解決策になっていたいですよね。

身体の、血の流れが悪いから、心臓が、必要以上に働いている、血圧を上げて血の巡りを良くしようとして
血圧をあげている。

そう考えると、薬を服用することが、良いのかどうかわかります。

それより、血圧を上げない生活をこころがけましょう。

適度な運動をして、本来の日本人がしてきた和食を中心に食べて、疲れたら、早めに寝る。

これだけで、血圧は下がっていきますよ。



 

コラム2

あなたは、よく眠れていますか?

睡眠に関係するメラトニンの分泌量を増やす方法を知っていますか?

人間の脳にある小さな内分泌器である、松果体(第三の眼)がメラトニンを分泌し、
脈拍、体温、血圧などを低下させることで、睡眠の準備が出来たと体が認識するのです。

が、

「ある条件」を満たさないと、ほとんどメラトニンを分泌してくれません。

その結果、睡眠障害や不眠症になったり、寝ても疲れが取れにくくなったりします。

朝が弱いとか、なかなか起きれないとか、そういう原因にも関係してくる事です。


人間は人生の約3分の1は寝ていますが、この睡眠を最高の状態にする為の方法を、
あなたも早い段階で知っておくべきです。

なぜなら、睡眠の取り方が起きているときの活動に、間違いなく大きく影響してくるからです。

実は、最高の睡眠ができる簡単な方法があります。


 
コラム3 

都内に出る用事があったので、その前に、大宮によって献血をしてきました。

したいと思っていても、つい、忙しいと自分に理由をつけて、わすれてしまうんですよね。

3年ぶり、18回目の献血でした。

献血ルームもだいぶ変わっていましたね。

若い人もたくさんいて、無料のボランティア活動、日本もまだまだ捨てたものでないと、改めて思いました。

献血は健康でないと出来ません、健康になりましょう。

 

 

コラム4

60代女性の体験談です。

 

ひざの痛みで伺ったのですが、初めて気功を受けて見てみました。

肩、腰、背中と先生の手が触ると、ホッカイロのような温かさを感じました。

夜に好転反応が出ると聞いていましたが、身体がだるくて、夜9時には寝てしまいました。

翌朝、目が覚めると、気分がすごく良く、今までは、家事をしようと思っても、体が動かなかったんですが、

やろうと思うと、すぐに体が動きます。

ありがとうございました。


私の場合は、身体に手を充てる皆さん、温かいをおっしゃいますが、手が温かいことと、気が出ているということは、関係ないみたいですが、受ける方としては、実感できるので、いいみたいですね。

 

 

コラム5

無医村で開業、患者さんが列をなすドクター、江田証先生の本を紹介します。

 

「病気が長引く人、回復がはやい人」 共感できる言葉が、たくさん載っていたので、いくつか紹介します。

プチ断食で長寿遺伝子を活性化させる。
緑茶が肺がんから日本人を救う。
タマネギには、抗メタボ、抗動脈硬化、放射線防御効果まである。
腸内フローラが多様なほど、乳がんのリスクは減る。
胃が美しい人ほど長生きできる。 


病気の原因の90パーセントは、食事に関係していると考える今野にとって、江田証先生の本は素晴らしいと思っています。


興味のある方は、探してみてくださいね。

 

 

コラム6

スロージューサー で毎日ニンジンジュースを作って飲んでいます。

スロージューサーでつくるジュースは、石臼のように素材をすり潰して水分を絞り出すので、熱に弱い栄養素や酵素を破壊しない上、生で食べた場合に比べてジュースにした場合、4倍も吸収がいいそうです。

1日に必要な緑黄色野菜は400グラムと言われていますが、ジュースなら、コップ1杯でいいみたいです。

フルーツストレーナーがついているので、繊維質の多い、バナナやマンゴーも絞りやすく、時々はスムージーも作って飲んでいます。

 

 

コラム7

夜中に2,3回目が覚めるといって来院した方から、感想をいただきました。

だいたい、夜中の12時と2時ぐらいに目が覚めていました。
トイレに起きるというわけでないので、気になっていたんですが、
「気功」の看板を見て、来てみました。

施術を受けた夜は、だるく眠くなるので、早めに休んでくださいと、先生に言われたように、
その日は、ぐっすり眠れ、朝まで目が覚めませんでした。

朝まで、ぐっすり眠れたのは、何年ぶりでしょうか?

母親の介護で、疲れがたまっていたのでしょうか?

先生が言われるように、ストレスがたまっていたんですね。

私は、明るいと言われるのですが、周りに心配かけないように、無理して明るくしている部分もあるかなと、感じました。

今は、無理しなくても、元気で明るいと思います。
ぐっすり眠れます。ありがとうございました。


kさん、感想をありがとうございます。
私は病気の原因はストレスから、きていると考えています。

イライラするから、必要以上に食べてしまう、心配事で食べ物がのどを通らない、何れもストレスからきていると考えます。

「健康院 こんの」では、肉体のバランスを整えるだけでなく、心のバランスを整えることを、重視しています。

ストレスのない人はいないですが、必要以上のストレスは、身体の不調を起こします。

「私は、健康です」そう言える人を、一人でも増やしたい、そんな気持ちで毎日施術に取り組んでいます。

 

 

コラム8

胃の不調で来院した女性から感想をいただきました。

 

 

胃腸が弱く、ストレスばかり大切に抱えていた私。

ある日のこと気功整体という文字が目に止まりました。


「今更・・・・。」 でも何故か感じるものがあり、来て見ました。

初回の夜は、先生が言われた好転反応出て、眠くなり8時には寝ました。


翌朝は、気持ちが前向きで明るくなり、笑みが出てきました。

不思議でしたが、それから毎日を感謝の心で過ごせる幸せ。

そして、胃腸の調子も少しずつ良くなっていて、嬉しくなりました。

 

「心と体は、共鳴し合ってるんだなぁ・・・」と。


気功整体との、ご縁を頂いた事に感謝しています。

 

 

コラム9

毎日暑い日が続いていますが、暑さだけでなく、やる気が出ない、今の仕事に満足していない。

ウツっぽい、そんな方が増えています。

なにか新しいことをやりたいけど、具体的にやりたいことが見つからない。

そんな人が、増えています。

  
いろいろと、相談にのっていると皆さんに共通してことは、目標がないということがわかりました。
  
人間は生きていく上で、目標をもつことが大切です。
  
目標がなければ、ただ毎日をなんとなく過ごすだけで、何の刺激も感じることが出来ません。
 
むしろ逆にどんどん毎日がつまらなくなってしまいます。


 
何か目標をもって、目標を達成するための計画と立てましょう。
  
計画があれば毎日が楽しくなりますよ。


そうは言っても元気が出ないんだよね、

そんな方に健康院こんのでは、気功エネルギーで元気を取り戻してもらっています。

 

コラム10

糖質制限とダイエットについて考える

 

9月からゆるい糖質制限を始めたところ、1ヶ月半で約5kg減。我慢らしい我慢はしていないのに血圧も大分安定しています。


しかし、やり方によっては、継続させるのを難しく感じる人もいるようです。

そこで、実際に糖質制限で成果を出した経験から、ゆるい糖質制限を習慣にしてしまうためのポイントを紹介します。



糖質制限はダイエット法というより価値観の転換です。

今までの栄養学の常識では、炭水化物は、三大栄養素の中でも「主食」と位置づけられています。
炭水化物:タンパク質:脂質を、6:2:2で摂取するのが望ましいとされているのですから、
その存在の大きさがわかるというものです。

しかし、炭水化物は必須栄養素ではないそうです。炭水化物(糖質)は、脳の活動に不可欠なブドウ糖を供給します。

が、もしブドウ糖が不足すれば、“糖新生” と呼ばれる人体の機能がはたらき、脂肪をエネルギー源に(つまり、脂肪の燃焼も促される)タンパク質から生成できるそうです。

実際に、糖尿病治療でスーパー糖質制限をしている方もたくさん存在しますが、ほぼ “糖新生” のみで問題なく、しかも健康に生きられるそうです。
(念のため、私は医者ではありませんので、“糖新生” だけで生活するようなスーパー糖質制限については、推奨まではしませんが。)


逆に、糖質を過剰摂取すると、どうなるか。

血糖値が上がりすぎて人体に致命的なダメージを与えるのを防ぐため、インスリンが分泌され、
なんと糖質は結果として中性脂肪となり、細胞内に蓄えられるんです。 つまり、太るということです。

お米やパンは、穀物ということで、わりとヘルシーなイメージがありましたが、実は必要以上に食べた分は、すべて脂肪に変わっていたんですね……。

たとえば、白米って美味しいですよね。私も大好きです。しかも、安くて、すぐに満腹感に浸れる。


でも実は、他でしっかり栄養を取っていれば、食べる必要が無いんです。それどころか、食べ過ぎれば肥満の原因になるんです。

最近は、お米を本当に食べたいときにだけ食べるようになりました。
たまに食べるからこそ、いつもより美味しく感じもします。まさに、“炭水化物は嗜好品” だと思います。



糖質制限は、制限 という語感から、禁欲的な印象を受けるかもしれませんが、実際にやってみると、こんなんで本当に痩せるの? という感じの、気楽なものです。


もし、体重が増え続けているのなら、まず炭水化物の過剰摂取です。今までより炭水化物を食べる量を減らせば、ほぼ確実に痩せます。
手軽なのは、朝・昼・夜のうち一食を、糖質をとらない方法です。


糖尿病の治療ではないので、神経質に糖質を排除する必要は、まったくありません。

米、 小麦製品(パン、麺類など)、 いも、トウモロコシ、 スナック菓子など、 砂糖が多く使用されているもの

だいたいは、この5つのものを制限してしまえば、いいわけです。


糖質制限で、炭水化物を減らした分は、タンパク質や脂質で補って問題ないです。
つまり、ご飯を少なくしたのなら、代わりに肉や魚や卵を満足するまで食べていいことです。

カロリー制限という考え方は、忘れて大丈夫です。
インスリン分泌が少なければ、中性脂肪はそれほど合成されないし、“糖新生” によってタンパク質や脂質はうまいこと消費されます。
カロリー計算は、空気中での燃焼に基づいていて、こうした人体の代謝機能を精密に考慮していないんです。


今までの、タンパク質と脂質を主食にする食事を、改めるものです。


一食だけのゆるい糖質制限をしても、思うように体重が減っていかない場合、おそらく間食に問題があります。
私も時々、集中力が切れたり、煮詰まったりすると、甘い物が欲しくてたまらなくことがありました。

クッキーやシュークリーム、チョコレートには、糖質である砂糖がたっぷり入っています


実は、糖質制限を始めると、少食になったり、間食がなくても平気になったりする方が多いようです。
これは血糖値の上下動が少なくなり、低血糖の飢餓感がなくなるため、と言われています。

つまり、タバコのニコチン切れや、コーヒーのカフェイン切れと同じように、糖質が切れると糖質が欲しくてたまらなくなるというわけです。

糖質制限は、この悪循環を断ち切れるわけですが(にわかには信じられないと思いますが、
私も実際、現在は空腹を感じたらお茶を飲めば問題なくなりました)、
とは言え、最初からいきなり間食をゼロにするのは、かなりつらいものがあります。

そこで、間食してもあまり問題ない食品を知っておくと、役立ちますね。

無糖(低糖)ヨーグルト、チーズ類、ナッツ類、ソーセージ類、チキンナゲット、フライドチキン、フランクフルト

ヨーグルトは、無糖のもの。ナッツ類は、炭水化物ゼロではないので、極端に食べ過ぎないように注意して。
コンビニで調達すると考えると、チキンナゲットやフライドチキンも候補にあがります。
衣が小麦粉(糖質)ですが、たくさん食べなければ、まったく問題ありません。

間食は、下手をしたら三度のご飯より糖質を摂取している可能性があるので、注意してください。



あとは、晩酌をイメージするのがいいんじゃないか、と私は考えています。

肉や魚や野菜など、美味しいものだけを様々に食べながら、お酒を飲む。

主食であるお米やパン、麺類は、基本的にはあまり食べないはずです。これは糖質制限食にかなり近いものがあります。


今までの常識とはまったく違うので、最初はいろいろわからないことが多いですが、慣れてしまえば楽ですよ。